こんこんと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんこんと。

隣の芝が青すぎて。

「お気に入りのスニーカー」

こんばんは、友町いつか(@i_tomomachi)です。

 

毎日更新は最初から無理だと分かっていたのですが、

昨日は更新できませんでしたー。

 

1日サボると、続けてサボってしまいそうなので、

今日は初めてiPhoneのアプリから投稿しています。

 

そしてスマホからであまり凝った文章も書けない気がしたので、

今週のお題に参加いたします。

 

「お気に入りのスニーカー」

 

スニーカー好きで数を持ってるには持ってるのですが、

今は1足しか使用していません。

 

それはSKECHERSです。

 

色は真っ黒の、ザ・スニーカーという形のスニーカー。

(写真はありませんすみません)

 

このスニーカー、実はNYに旅行中に足が痛くなって買いました。

 

旅先で(しかも海外で)生活の品を買うと、

なんだかぞわぞわします。

 

私もそのとき、NYでスニーカー買ってる自分、

マジかっけーーー!って思って買いました。

 

そして今も履き続けています。

かれこれ3〜4年経ちます。

黒なので、ぱっと見は古さを感じないのですが、まぁ履きつぶしています。

 

このスニーカー、とにかく軽いんです!

ほんとに軽くて、紐がほどけにくい。

紐を結んだままでも脱ぎ着ができる。

 

とにかく利便性ではパーフェクト!な

スニーカー。

 

ここ1年くらい新しくグレーのスニーカーが欲しいなぁ

と思っているのですが、

今の子が便利すぎて、なかなか買うに至っておりません。

 

以上、とりとめもないスニーカーの話でした。

もうすぐ四月バカ

こんばんは、友町いつか(@i_tomomachi)です。

もうすぐ四月バカ

四月バカ」=エイプリールフール(4月1日)です。

f:id:i-tomomachi:20170327225317j:plain:w350
(出典:「ドラえもんてんとう虫コミックス第7巻)

さて、今日は私の大好きなドラえもんのお話をば。
ドラえもん好きな方なら、↑このコマ、ご存知でしょう。

さようならドラえもん

ドラえもんがある日突然、未来の国に帰ってしまう。
のび太は大泣き&わがままで「そんなの嫌だ!!」と駄々をこねます。
けれども、どうにもならない事実なのだと知り、
ドラえもんが安心して未来の世界に帰れるように、

f:id:i-tomomachi:20170327230649j:plain:w350
(出典:「ドラえもんてんとう虫コミックス第6巻)

一人でジャイアンとケンカしてボロボロになりながら、
のび太ジャイアンに勝ちます。

f:id:i-tomomachi:20170327230937j:plain:w350
(出典:「ドラえもんてんとう虫コミックス第6巻)

そして、ドラえもんは未来の世界に帰ってしまう。

帰ってきたドラえもん

ドラえもんがいなくなって、寂しさを感じながらも、
健気に生活を続けるのび太

そんな春の日、ジャイアンに「ドラえもんに会った」と聞きます。

f:id:i-tomomachi:20170327231708j:plain:w350
(出典:「ドラえもんてんとう虫コミックス第7巻)

のび太は驚いて家に帰りますが、そこにドラえもんの姿はなく。

実は「4月バカ」、エイプリールの嘘だった、という話。

……ではなく、タイトル通り、実はドラえもんが帰ってくるのです。
とってもとっても有名なお話だと思いますが、
ぜひ読んで頂けたら嬉しいなと思うので、
あえてここで説明をストップします。

映画「帰ってきたドラえもん

1998年に公開された、
原作の「さようならドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」を
繋げた中編映画。

この頃、ドラえもんの映画はこういった感動系の中編映画(30分程です)を、
本編と同時上映していまして、計5作品あります。

「帰ってきたドラえもん」1998年(同時上映「南海大冒険」)
のび太結婚前夜」1999年(同時上映「宇宙漂流記」)
「おばあちゃんの思い出」2000年(同時上映「太陽王伝説」)
「がんばれ!ジャイアン‼︎」2001年(同時上映「翼の勇者たち」)
「ぼくの生まれた日」2002年(同時上映「ロボット王国」)

この5作品全てについていつか書きたいと思っているくらい、
どれも大・大・大好きな作品です。

というのも、大人が観ても楽しめる…いや
大人こそ愉しめる、そういう作品ばかりだからです。

今回は、この「帰ってきたドラえもん」について。

見どころ① 桜

私は桜の季節になると、この作品を観たくなるのです。
というのも、桜の表現がとっても美しいから。

「桜が見られて良かった」というドラえもんの台詞から、
この映画は始まります。

「桜」に注目してこの映画を観ると、とても心に染み渡るものがあります。

のび太ドラえもんと過ごす最後の夜。
夜の公園に咲いている「桜」。

未来の国に帰ったドラえもんが、
現代の桜咲く公園と、同じ場所で、のび太を思って見る「桜」。

ありったけのお小遣いで
ドラえもんのために買ったどら焼きに舞い散る「桜」。

そして最後、のび太「桜ももう終わりだね」という台詞。

桜が中心となって物語は進みます。

見どころ② 空

青空、夜空、雨降る空、もやもや曇り空、この映画全編を通して、
その時のキャラクターの感情を代弁するかのように
空が描かれているんです。

これもとっても綺麗です。
そしてエンド曲に「青い空はポケットさ」

見どころ③ 花瓶の花

のび太の机にある花瓶に生けてある、お花。
ドラえもんが帰る日が近づくに連れて、どんどん花びらが散っていくんです。
これも、なんだか切なくなります。

見どころ④ ハンバーグ

これについては、詳細は述べません!
ぜひ、最後のあたりハンバーグに注目してみて下さい。
のび太ママに泣かされること間違いなしです。

番外編 ちょっと面白いこと

ドラえもんの体重ご存知ですか?
129.3kgです。

そんなドラえもんのび太がふつうに釣り合ってシーソーに
乗る場面があります。

本当はとーーっても切ない場面なのですが、
ドラえもんの体重を思うと、ちょっと面白いですよね(笑)

よい4月1日を

以上、私がおすすめする4月バカに
読んでほしい漫画&観てほしい映画の紹介でした!

イヤホンを買いました

こんばんは。友町いつか(@i_tomomachi)です。

イヤホンを買ったよ

というお話。(どうでもええがな)

なんで買ったの?

使っていたイヤホンが壊れたからです。
いえ嘘です。正しくは、

カナル型イヤホンのふよふよが片方だけなくなってしまったから。

f:id:i-tomomachi:20170327004943j:plain
↑イヤホンのふよふよ(正しくはイヤーピースと言うそうですね)

そして
②そもそも使っていたイヤホンが気に食わなかった。
イヤホンに対してこだわりのない私は、
ヨドバシカメラで安さ&シンプルで何の思い入れもなく買ったので、
残念ながらどこのイヤホンか覚えていないのです。

でもそれは安かろう悪かろうで、
耳から抜けやすいし、イヤホンコードに物が当たった時のノイズが酷かったのです。
イヤホンって私頻繁に無くすので、何度も買い換えるのですが、
ノイズはこれが一番酷かった…。

最後に
③4月から英語を勉強しようと思っているから
4月は何か始めたくなりますね!
私は数え切れないほど3日坊主(いや1日坊主かな)を繰り返している
英語学習を今度こそ続けるため、このブログを始めたと言っても過言ではありません。
……いや少し過言でした。他にも理由はありますから。

でもともかく。心地よい環境で、英語教材を聞くために。
イヤホンを新調しようと思ったのであります。

※ちなみに理由①に関しては、
イヤホンを捨てた後にコートのポケットからふよふよが出没したので、
意味のない理由となってしまいました。

で、結局なにを買ったのさ

これです。

そこまで高い買い物ではなかったので、ほぼ即決でポチッとしました。

決め手は、

①他のイヤホンと大して値段が変わらないのに、
ケースまでついていて、何だか高級感漂う。
f:id:i-tomomachi:20170327010519j:plain

②いちいちスマホを開かなくても、コードについたリモコンで、
音量調整や再生停止ができる
f:id:i-tomomachi:20170327010528j:plain

②はほんとに便利ですね。

今のところ満足しています。

さあ英語がんばるぞーーー!

トラベラーズノートサイズのノート

こんばんは、友町いつか(@i_tomomachi)です。

ブログ2日目。ブログ、深いですねえ!

今日は土曜日でしたが、シフト制の仕事をしている私はお仕事でした。
昼休みとかスマホでずーっと
はてなブログ なんとか」「はてなブログ かんとか」でググってました。

さて今日は、昨日の予告通り手帳のことを書きます。

konkonto.hatenablog.com

前回写真で写したノートの正体について。

正体はこれです。
f:id:i-tomomachi:20170325220916j:plain

何か分かりますか?
これは、ほぼ日カズンのメモ帳を、バッサリ裁断して、
トラベラーズノートサイズにしたものです。
www.1101.com

なぜわざわざこんなものを作ったのか!
正直記憶があいまい…(笑)

トラベラーズノートは普段から愛用しているのですが、
リフィルとして、公式のミドリのものは使用していません。なんとなく。

それで同じサイズで有名なカクリエ(しかもプレミアム)を使っていたんです。

が、分厚くて持つの嫌になっちゃった。

だからとにかく薄さ重視で、ほぼ日カズン裁断ノートに落ち着いた、
と記憶しています。

でもぶっちゃけこれもそんなに気に入っていない(笑)
私どうもトモエリバーが苦手みたいで…

次はまたカクリエに戻るかもしれません。

トモエリバーが好き!
トラベラーズノートを少しでも薄くしたい!
ページ数は少ない方がいい!
という方にはおすすめですよ☆

1冊あたりで換算すると
ほぼ日カズン裁断ノートは、24枚(48ページ)が270円。厚さ3mm。
カクリエは40枚(80ページ)で325円。厚さ不明。
カクリエプレミアムは56枚(112ページ)456円。厚さ不明。

おまけで
トラベラーズノートリフィルは32枚(64ページ)324円。厚さ4mm。

すこーし割高ですがそれに似合ったメリットはあるのでは?

難点は、あまり店頭で見かけないことですかね…。
手帳が発売スタートする9月頃にはロフトにごろごろあったんですが、
今(3月)なんか中々見当たらないです。

そして言うまでもなく、裁断がめんどくさい!!(笑)

はじめました

こんばんは、友町いつかです。

最近ブログを読むのにはまり、
あーー自分でも書いてみたい。と思うようになり。

今日にいたりました。

のんびりマイペースに更新していこうと思います。

ぞくぞくしますねえ!

思いの丈は、手書きで書いてみました。

f:id:i-tomomachi:20170324233900j:plain

綺麗な字でもなければ、紙面もよれよれで読みにくいですが、
文房具・手帳が好きです。
近々まずはそのおはなしができたらな。と思います。

ではこれにてドロン。